Home > 倖田來未 > 有吉弘行の倖田來未。楽屋にて・・・。

有吉弘行の倖田來未。楽屋にて・・・。

有吉弘行【倖田來未】
有吉弘行の倖田來未。

有吉弘行のものまねらしく本人のキャラを無視したストーリー展開がでたものまねです。
無理やりな感じの関西弁がおもしろいです。

辛口コメントやモノマネを得意としている。ダンディ坂野、つぶやきシローらと共に自らを「一発屋芸人」と称し、バラエティ番組などでのトークでは華やかだった昔と現在を自虐的に対比して笑いをとっている。また、今売れている若手芸人に対して「一発屋芸人にならないための方法」を伝授する指南役としてのゲスト出演も多い(「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」(テレビ朝日系列)、「くりぃむナントカ」(テレビ朝日系列)など)。

テレビやラジオだけに限らず、プライベートでもよく他人の悪口を多く語るという。「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」では、「有吉は新しい相方を見つけるべきか?」と言う話題で、カンニング竹山は有吉に「(相方を作るとしたら)まず人の悪口を言うのを止めた方が良い」とアドバイスした。

視聴者よりも芸人からのほうがウけるので、高田文夫氏からは「楽屋真打」と呼ばれている。また、島田紳助からは「世間は気付いてないが、有吉は賢くてオモロイ」と評されている[2]。昨今は「アメトーーク!」などで、そのトークに注目が集まっており、世のお笑いファンにも猿岩石当時とは違ったかたちで、手腕が認知されつつある。業界誌「日経エンタテインメント!」では「アドリブの面白さが世間に浸透しつつある」として「再評価芸人」として取り上げられた[3]。

自ら「自分は変な顔。寄り目だけでなく鼻も口も、すべてのパーツが顔の真ん中に寄り過ぎている」と話す。ポケットティッシュで全ての顔のパーツが隠れる程である。

東京スポーツの食生活拝見のコーナーでは、肉しか食わない・酒を倒れるまで飲む・ヘビースモーカーその他、体に悪いことばかりして、医者から「いつ癌になっても不思議ではない」とお墨付きをもらった。

柔道初段。「リングの魂(テレビ朝日)」の「芸能界柔道王」企画で初代チャンピオンになった。

上島竜兵を中心とする竜兵会の一員である。猿岩石を解散し、有吉に仕事がなく、給料が0円だった時も、ダチョウ倶楽部をはじめとするメンバーの励ましや金銭的援助を受けて危機的状況を乗り切ることができた[4]。

広島出身という事もあってカープファン。高校時代は広島市民球場に年間30回ほど行っていた。達川光男に対し「おい達川!早く辞めろ!!」とよく野次を飛ばしていたという。このエピソードは「秘密のケンミンSHOW」で披露したが、達川は「どっかで聴いた声じゃのう」と言い、共演していたアンガールズや山中秀樹、西城秀樹に笑われた[5]。

ウィキペディア(Wikipedia)参照

2008-12-02| 倖田來未| タグ - ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

ものまね動画コレクション