Home > 武田鉄矢 > コロッケの武田鉄矢。母に捧げるバラード:爆笑

コロッケの武田鉄矢。母に捧げるバラード:爆笑

コロッケ【武田鉄矢】
コロッケの武田鉄矢。ものまね動画 :母に捧げるバラード

笑えるだけじゃなく泣ける域にまで達した、完成度の高さを誇るコロッケの武田鉄矢のモノマネ。
審査員もしんみりしながら聴き惚れています。

コロッケ:
(本名:滝川 広志(たきがわ ひろし)、1960年3月13日 - )は、日本のものまねタレント。熊本県熊本市出身。血液型B型。熊本第一工業高等学校(現・開新高等学校)卒業。
自身が出演した2005年7月放映の『グレートマザー物語』(テレビ朝日)によると、1979年に上京し東京のショーパブで形態模写をしていたが、「ロッキー」のあだ名で知られた経営者と同じアフロヘアーのスタイルで、風貌が似ていたことから「小ロッキー」というあだ名が付いた。そこからコロッケという芸名が付いたとされる。
本人は以前、「顔がコロコロ変わるから」と言う理由でコロッケという芸名にしたとも語っており、これ以外にも様々な説がある。
ウィキペディア(Wikipedia)参照

こちら・・・本物の 母に捧げるバラード です。ご覧下さい。

母に捧げるバラード date

海援隊の武田鉄矢が、母・武田イクに宛てたメッセージソングの様式をとっている。
海援隊のデビュー当時のヒット曲で、1974年のNHK紅白歌合戦にも出場した。エレックレコード所属アーティストでは初の紅白出場であった。
短い歌詞と長い博多弁の台詞で構成されている。
母・イクは「タバコのくだり以外あの歌は全部ほんと。よう私のことばとってるんですよ。博多弁ゆうけど、私のことばは小国弁との混じり弁です。正直な博多弁じゃない。ようそこをとっとるんです」と話している。武田鉄矢は中学・高校と生徒会長をしていたので、タバコを吸い始めたのは大学へ行ってからだという。
基本的に歌詞部分は固定され、台詞部分の違いにより多数のバリエーションが存在する。

2008-10-23| 武田鉄矢| タグ -
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

ものまね動画コレクション